FC2ブログ

テーマ『自立』 第二章 ~未来を選ぶ~ シンポジュウム 趣旨

趣旨

自分自身や大切な家族を守っていくには、自立し行動していかなければならない。
世の中に情報が氾濫する中で、自分達が幸せに暮らしていく情報が埋もれている。
経済を優先とした流れに何気なく乗ってしまい、人間本来の暮らしが成り立たなくなっているのではないか。利権者に誘導された情報を見抜き、健やかに幸せに暮らしていける情報を取得し、自己責任において行動していくことが必要ではないかと提案します。


現在、チームの流れとしてはお父さんも次世代のために伝えたいこと、 親のあり方や暮らし・行動の指標となる提案をしていきたいと思います。 扶桑の会場の周りは、畑や田んぼと住宅や工場が混在した地域です。 まちづくりについてもう少し「農」が見直されても良い地域だと思います。 農地も良質なところが多くあるのですがうまく生かされていないと感じます。 世界の状況は政治・経済が優先され人としての本来の豊かさを見失っているのではないでしょうか。 活動を通して、次世代に対して伝えていくこと、今ある問題点を直視し改善していくことを模索していくことができればとシンポジュウムを企画しました。 共に考え、行動していける知恵と知識を持っていただけたら幸いです。


企画担当 杁本健一
スポンサーサイト



6月29日 内海聡先生の講演会を主催します。 チームインデペンデンス代表の川村です。

今回
内海聡先生の講演会を主催します。
チームインデペンデンス代表の川村です。

ブログを読んで頂ける機会に感謝です。

まずはなぜ内海さんであるか
講演会をやる経緯に触れていきたいと思います。

川村は12年カイロプラクティックに携わってきました。
背骨の歪みからくる痛み、病気と向き合ったり
生活習慣の乱れをアドバイスしたり
薬をやめていく指導

ずっとやってきましたがそこは医師ではないところ、民間施術家の弱み
なかなか伝わりにくい経験をたくさんしてきました。
その中でもしっかりやって頂ける患者様はしっかり改善されていく姿も見せて頂けました。

生活習慣病
精神疾患
介護
日本人が待ったなし
自分もがんばって伝えていくけど

医師から伝わるならたくさんの方に薬害、社会毒から自分自身や家族、友達を守る情報、術を知ってほしい
少しでもいいから今より病気や人のせいにする人が減ってほしい
そんな思いではじめました。

内海さんを選んだ理由は
医学のことにとどまらず、社会、歴史、裏社会のことまで著書でも講演でも話されるから
一つの問題ではなく
すべてが繋がって負の連鎖が行われていることを知ってほしいからです。

もうこれ以上
情報操作、洗脳されることなく

人間はみんな幸せになるために生まれてきた
そこに立ち返ることができる社会、国、世界になってほしいです。

人ひとりが自分で考える
自ら自分を大切にできる行動ができます。

そのためにも真の情報を知ってください。

目もからだも背けず
いっしょに向き合っていきましょう

今から変われば大丈夫
チームで皆さんをサポートして参ります。

今回企画が立ち上がった背景

講演会広報スッタフ お庭やケンです。

わたくし思うところありで、今回参加しました。
発起する勇気を与えてくれた発起人の方々に感謝しております。

今回講演会立ち上げた。川村・小菅・澤井のメンバーです。
何ともならない思いを感じがひしひしと伝わりできること、
自分自身のスキルアップをさせていただける機会となりました。

彼らが正していきたいこの国への想い伝えるお手伝いができればと思う。

心身ともに、背骨まっすぐ正直に生きて行ければ良いのでは、
医療とか政治とか期待するまえに、自分自身や身の回りの家族や仲間に想いを
投げかけてもよいのではないでしょうか。



カテゴリ
リンク
プロフィール

チームインデペンデンス

Author:チームインデペンデンス
自分自身や大切な家族を守っていくには、自立し行動していかなければならない。
世の中に情報が氾濫する中で、自分達が幸せに暮らしていく情報が埋もれている。
経済を優先とした流れに何気なく乗ってしまい、人間本来の暮らしが成り立たなくなっているのではないか。利権者に誘導された情報を見抜き、健やかに幸せに暮らしていける情報を取得し、自己責任において行動していくことが必要ではないかと考える。

講師・スタッフ・賛同者の方々とともに考え、より良い講演会を開催したい。
参加者の方々がきっかけとなり、自分・家族・地域・国・世界へと拡がっていくことを願います。           
主催 チーム インデペンデンス  
 川村 真基

最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR